fc2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「広島県 」カテゴリ記事一覧


竹原の「森川邸」

広島県竹原の「町並み保存地区」から少し離れた場所の竹原市重要文化財「森川邸」。
森川邸01 森川邸02
大正初期の元竹原町長の森川八郎氏の邸宅。
森川邸03
主屋は福山市沼隈区の明治前期の大富豪(山路家)の建物を、茶屋は江戸時代後期に
活躍した文人不二庵(ふじあん)の建物を市内から移築・再生したものだそうです。
森川邸04 森川邸05
森川氏が生活していた大正時代の雰囲気がそのまま残る姿
森川邸06
いまにも家の方がひょっこりでてきそう。見学というよりもお宅訪問「お邪魔します」という心持
森川邸07 森川邸08
縁側や座敷に面した庭園。個人的には珍しいというよりも
田舎の旧家を思い出し、「懐かしい」という気持ちがわきました
森川邸10 森川邸11
和風住宅を知らない世代の人にはドラマ、映画などの世界に感じるのでしょうか
森川邸09
開館直後に訪れたのでほんとうに静かな空間でいつまでもいたい気分になる場所。
ちなみに竹原の町にはほかにも旧家が残っており、お得な入館共通券がありましたが
時間の関係上、こちらのお宅だけしかみることができませんでした。またの機会に

安芸の小京都 きてみんさい竹原
http://www.takeharakankou.jp


安芸の小京都、竹原散策

夏休みに訪れた広島県竹原市、安芸小京都と呼ばれる「竹原」(たけはら)の町。

JR竹原駅をおりて徒歩10~15分、「町並み保存地区」には
石畳の路地に江戸時代を思わせる武家屋敷や商人の家々などが残っています
安芸の小京都竹原散策01
朝早い時間だったので町はまだ朝の静けさに包まれていましたが、
自分よりも早くすでにカメラを片手に散策している旅行者の人たちがいました
安芸の小京都竹原散策07 安芸の小京都竹原散策08
白壁と格子窓の屋敷がならぶ本町通りの一番奥にはお堂
安芸の小京都竹原散策11 安芸の小京都竹原散策10
お堂内部にたくさんの恵比寿様が飾られていましたが撮影するの控えました

お堂の近くには石階段がおもむきのある照蓮寺。
安芸の小京都竹原散策02
江戸中期から後期にかけて竹原の文化交流の場所だった古刹
安芸の小京都竹原散策12 安芸の小京都竹原散策13
平安時代のころに辺り一面が竹林だったことから竹原と名がついたといい
現在でも伝統高原品として竹細工が有名、街角にも竹で作られた日用品や竹飾りを見かけます
安芸の小京都竹原散策06
街角街角それぞれに風情のある光景の広がる町。

安芸の小京都竹原散策05
今回一番みたかったのは観光パンフレットなどでも紹介されている
西方寺(さいほうじ)の普明閣(ふめいかく)という史跡。

実は何度も入口に迷い町の中をウロウロしていたので
山門にあたる照蓮寺も急な石階段を見つけた時はちょっと喜んでしまいました
安芸の小京都竹原散策14 安芸の小京都竹原散策15
たぶんフツーに歩いていればすぐに気が付く場所だったのでしょうけど・・・

町でもかなり高い場所に位置する高台に建てられたえんじ色をした普明閣(ふめいかく)
安芸の小京都竹原散策16 安芸の小京都竹原散策17
京都の清水寺の舞台を模して作られた建物(再建)だそうで、
西方寺の観音堂にあたり木造十一面観音像を祀っています
安芸の小京都竹原散策04
ここからは竹原の町が一望できます。
安芸の小京都竹原散策21 安芸の小京都竹原散策22
さらに上のほうの墓地からの撮影
安芸の小京都竹原散策03
西方寺から南東方面に位置する長生寺。
安芸の小京都竹原散策18 安芸の小京都竹原散策19
こちらのお寺は小僧さんの看板や小奇麗なカメの置物などが置かれています
実は史跡もあったのですが・・・ちょっと理由があり断念
安芸の小京都竹原散策09 安芸の小京都竹原散策20
のどかな町並みだったのでネコでもいるかと思いましたが、
ワンコがいました。飼い犬?でも車と壁の隙間、妙なところにいます
まだ観光施設や商店などがオープンする、町の目覚める前に散策し駅に戻ることになりましたが、
帰り路に観光客の方がチラホラ増えていました。やはり日中は人出が多かったのかな?
落ち着いた静かな雰囲気が素敵な場所だったので

安芸の小京都 きてみんさい竹原
http://www.takeharakankou.jp/

呉市の「大和ミュージアム」

夏休みに訪れた広島県呉市の「大和ミュージアム」こと「呉市海事歴史科学館」。

「てつのくじら館」から道路を渡ってすぐのところにある博物館。
入口の書割はアニメ「宇宙戦艦ヤマト」、海の神様ポセイドンの銅像でしょうかネ?が設置。
そういえばJR呉駅の駅の音楽は「宇宙戦艦ヤマト」でした(電車が宇宙飛び立つわけではなし
大和ミュージアム01 大和ミュージアム02
艦内にはいるといきなりドーンと巨大な「10分の1戦艦大和」の模型が設置がされています
大和ミュージアム03
なおこの日は「戦艦大和」のまつわる特別展も行われており、
当時の貴重な資料、関係者の方々の証言映像などが展示されていました。

常設展会場のほうに足を運ぶと多くの見物客。海自史料館の記事でも
述べましたが閉館時刻ちかい夕刻だったのですが大人気です
(なので他の人が映り込むのを避けて写真は控えめ
大和ミュージアム04 大和ミュージアム05
「呉の歴史」や戦時中に建造された戦艦などがパネルや模型で紹介。
大和ミュージアム06
見物しながらカップルやら親子連れ、みなさん一様に資料よりも歴史や
軍艦戦闘機、潜水艦について詳しい会話をされているのは・・なんだかネェでしたけど
大和ミュージアム07 大和ミュージアム08
戦艦大和の模型のある「大和ひろば」をぬけると「大型資料展示室」
大和ミュージアム09
こちらには見る人が見れば垂涎ものの戦闘機、潜水艦などが展示されています
大和ミュージアム10 大和ミュージアム11
ゼロ戦や特殊潜航艇「海龍」、歴史に名高い人間魚雷「回天」・・
大和ミュージアム13
そういえば館内でゼロ戦つながりということなのでしょう、案の定
ジブリ映画風立ちぬ」のポスターも端っこのほうでみかけましたけど・・・
大和ミュージアム12 大和ミュージアム14
ぐるりと展示会場をまわり窓越しには現在の呉の港が見えます
大和ミュージアム15
ところどころにも船舶の模型や資料が展示されていました。
大和ミュージアム19 大和ミュージアム20
2、3階あたりから吹き抜けの「大和ひろば」を眺めると甲板の光景。
130827_016.jpg
また、3階部分は「船をつくる技術」として子供にもわかりやすく
遊びながら、楽しみながら技術を学習できる施設がありました
大和ミュージアム17 大和ミュージアム18
お土産売り場もなかなかここでしか買えないような珍しい物があり
軍事物には疎い自分ですが、思わずいろいろと買ってしまいました
詳しい知識のない自分でも、なかなか興味深い展示施設でした


呉市海事歴史科学館 大和ミュージアム オフィシャルWebサイト
http://www.yamato-museum.com/

呉の「てつのくじら館」

夏休みに訪れた広島県呉市、到着したのは午後4時ごろだったので見物できるか
心配でしたが、どうにか間に合った「鉄のくじら館」こと「海上自衛隊史料館
鉄のくじら館01
巨大な潜水艦「あきしお」が目印(撮影はこの後訪れた「大和ミュージアム」から)
鉄のくじら館02 鉄のくじら館03
史料館潜水艦の奥にあり3階だての建物。
内部には海上自衛隊活動内容や呉との関係などが展示、紹介されています
2階に展示された機雷処分用のロボット。ほとんどアニメなどに登場するそのものです
鉄のくじら館04
また実際に湾岸戦争時のペルシャ湾で除去した機雷や自衛隊機の魚雷なども展示。
鉄のくじら館05
魚雷にはなぜかお茶目なペイントがされています
鉄のくじら館06 鉄のくじら館07
結構観光客もおり真剣に眺めています
鉄のくじら館11
3階には潜水艦の性能や機能などを紹介。
鉄のくじら館08 鉄のくじら館09
頭上には実際の魚雷の内部が見えるような展示も行われています
鉄のくじら館10
さらに正面入り口に飾られた?潜水艦の内部も見学することができます
鉄のくじら館13 鉄のくじら館14
思った以上に狭い艦内。このような空間で何日も作業するのかと思うと・・
鉄のくじら館12
また実際の操作施設のある操舵室、潜望鏡なども見ることができます。
潜望鏡の内部に映っているのものは・・実物現地で確認してください

海上自衛隊史料館てつのくじら館
http://www.jmsdf-kure-museum.go.jp/

夏の安芸の宮島

夏休みに訪れた広島県、安芸宮島。ホントウは広島市内の広島城、縮景園なども
観光予定だったのですが午前中「平和記念公園」の見学に予想以上に時間を割いたため
(時間をかけて損のない場所でしたが)、記念公園から直接、宮島方面に行くことに

正午過ぎに宮島行きの船に乗り、降り立った宮島
夏の安芸の宮島15 夏の安芸の宮島16
ちなみに宮島行きの汽船は宮島松大汽船とJR汽船があり、思った以上に観光客の人がいました
夏の安芸の宮島17  夏の安芸の宮島18
それ以上に意外だったのは、イメージしていた朱塗り大鳥居厳島神社
船の桟橋から結構な距離があり、その道中は観光地カラー一色だったこと

賑やかな参道を観光客をかき分けるように縫うように歩く途中には
野生のシカを数多くみかけました。神様の使いなのでしょう、観光客を見慣れているようで
それほど警戒はしていませんが野生の動物、、結構気ままな雰囲気がありのどかです
夏の安芸の宮島05
くれぐれもいじめないように・・というよりも人間のほうに近寄って
食べ物をねだりに来たりイタヅラされている光景も見かけました。したたかな

参道を抜けて海岸線にでてやっと大鳥居がお目見え。
夏の安芸の宮島01
ひざ下あたりまで潮があるため鳥居まで近寄る人たちもいます。
夏の安芸の宮島07 夏の安芸の宮島10
この正面には朱塗り社殿が見目麗しい厳島神社
社殿を中心とする嚴島神社および全面の海、背後の弥山の一部が世界文化遺産です
夏の安芸の宮島02
砂浜の上、潮が満ちれば海の上にたつ回廊の歩くと周囲の景色も神秘的に感じます
夏の安芸の宮島08 夏の安芸の宮島09
偶然シラサギが浜辺を歩いていました。朱塗りの建物に白さが映えています
夏の安芸の宮島03
本殿、拝殿前は多くの人で大混雑。参拝を済ませ建物をでると社殿の後ろに弥山が見えます
夏の安芸の宮島04
さらに進むと歴史を感じさせる能舞台。こちらは朱塗りではありません
夏の安芸の宮島06
時間があれば弥山も行ってみたかったですが、途中の清盛神社まで行き引き返すことに。
夏の安芸の宮島11 夏の安芸の宮島12
おや?先ほどよりも潮が満ちてきているのが腿(もも)あたりまで浸っています
夏の安芸の宮島13 夏の安芸の宮島14
小一時間の宮島散策だったのですが、炎天下であったためかなり体力を消耗。
おまけに見どころがたくさん回り切れていません、
また季節を変えて訪れたいと思いました

宮島観光協会
http://www.miyajima.or.jp/