fc2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「香川県 」カテゴリ記事一覧


【青春18きっぷの旅】栗林公園その2

期間限定でJR普通列車乗り放題の「青春18きっぷ」を利用して訪れた
四国・香川県高松、自転車で市内まわり栗林公園りつりんこうえん)を観光その2
りつりんこうえん
国の特別名勝に指定されている庭園の中でも最大の広さをもつ栗林公園
園内には所々に番号プレートがあり、パンフレットの番号と見比べると
現在地がわかるようになっています。
紫雲山 皐月亭
広大な園内は全部を見て回ろうとすると
2時間程度必要だそうですが、パンフレットに書かれた60分モデルコースを
番号通りに歩いていくと1時間程度で見て回ることことができます

マーさん 奇妙な人形
商工奨励館の前に置かれた奇妙な人形があります
すぐ脇に説明書きが書かれていましたがマーさん(マァさんだったかな?)

栗林公園
この日午前9時ごろでしたが雲ひとつない空に真夏の日差しが輝いていました。
池の魚
池をのぞくとまだ若い魚たちが泳いでいます

芙蓉峰 讃岐民芸館
芙蓉峰付近の松並木、讃岐民芸館。
栗林公園、訪れる前まで”くりばやしこうえん”だと思っていました

栗林公園ウェブサイト
http://www.pref.kagawa.jp/ritsurin/

【青春18きっぷの旅】栗林公園その1

期間限定でJR普通列車乗り放題の「青春18きっぷ」を利用して訪れた
四国・香川県高松、自転車で市内まわり栗林公園りつりんこうえん)を見学。
栗林公園
北門から入ると右手に紫雲山、ここからパンフレットを片手に散策。
紫雲山 お手植え松

8月の芙蓉沼にはハスの花、葉っぱが生い茂っていました
芙蓉沼 芙蓉沼のハス
園内にある6つの池どれを見ても風光明媚な景色が広がっています
栗林公園風景

栗林公園ウェブサイト
http://www.pref.kagawa.jp/ritsurin/

【青春18きっぷの旅】讃岐うどんと高松市内で見つけたもの

期間限定でJR普通列車乗り放題の「青春18きっぷ」を利用して訪れた
四国・香川県高松、自転車で市内をまわり見かけたもの。
前記事、サンポート高松の赤灯台を見物したあとにみつけたベンチ。
ベンチ クジラのベンチ
ん?クジラの意匠が施されている
クジラ
サンポート高松から南下、日本三大水城の天守閣跡がある玉藻公園
玉藻公園 玉藻城
ただ、今回は時間があれば観光しようと思っていたので、このとき素通り。
結局は時間がなくなってしまい、観光できず仕舞でしたけど、次回にとっておきましょう

さらに南に行くと高松市街地に到達します。商店街はみな
アーケードに覆われておりなんかにはこんな綺麗なデザインの場所もあります
商店街のアーケード
前日宿泊したホテルの近くから歩いてみたのですが、照明に照らされて大変綺麗でした
アーケード商店街 商店街
そのときはホテル周辺しか回りませんで、撮影もしていなかったのですが
自転車で回ってみるとかなりの広さでアーケードに覆われた商店街ありました。

また、香川県といえば讃岐うどん高松市内にも多くのうどん屋がありますが
市内をまわっていたのが午前7時~午前10時ということもあり、
時間も限られていたので食べることができたお店は2店舗だけ。
讃岐うどん 讃岐うどんの店
話には聞いていましたが、セルフサービスの店とはいえ
小さな店構えで最初入るとどうすれば良いのか
ワカラナズきょろきょろしてしてしまいました

【青春18きっぷの旅】高松駅周辺

期間限定でJR全線乗り放題の「青春18きっぷ」を利用して
訪れた四国・香川県高松。東京を出発して、一日目で高松には到着したのですが
夜もふけていたので観光は翌日、早朝に駅前で無料のレンタル自転車を借りて市内を観光しました
高松駅周辺

まず向かったのは高松駅の北側のサンポート高松。
ここからは瀬戸内海の大パノラマが臨むことができます。
瀬戸内海の眺め 瀬戸内海の風景
午前中ということもありまだ暑さもそれほどでもなく
自転車で滑走すると海風が気持ちよかったです
瀬戸内海の風景 瀬戸内海
ここから見える高松駅周辺の素敵な風景です
海から高松駅

サンポート高松の一角にある、全長540メートルの玉藻防波堤(たまもぼうはてい)。
灯台への道
その先端にあるのは世界初の総ガラス張り灯台「赤灯台」
ガラスの灯台


赤いガラス 総ガラス張り
夜は赤く幻想的にライトアップされるそうですが昼間からは想像がつきません
ガラスの灯台 赤灯台