fc2ブログ

生えてる?刺さってる?

工事現場ちかくを通ると真っ白な防護壁木の葉、日陰だったので写真が暗いですが
映えてる刺さってる01
これは裏側から生えた葉っぱが飛び出てきてる?単に風でどこかから飛んできた
映えてる刺さってる02 映えてる刺さってる03
落ち葉が刺さっているだけか?それでもなかなか高確率な光景かなと思い撮影


梢のシルエットな野鳥

葉っぱのない冬の木立、生い茂る枝の間に一羽の野鳥
梢のシルエット野鳥01
光の関係で模様もわからないシルエット状態
梢のシルエット野鳥02
体躯の形状からツグミかな?そう思ってしまうと「冬場だしありきたり」と
梢のシルエット野鳥03 梢のシルエット野鳥04
思ってしまうので「何だろう?」とか思っているくらいが面白く


うっすらたなびく雲

冷たい雨の降った翌日、打って変わって晴れて青空が広がる中にうっすらたなびくの姿
うっすらたなびく雲01
まるで薄く薄く刷毛(はけ)で塗ったかのような形状に肉眼でみていると興味深くカメラに
うっすらたなびく雲02
おまけに風が強かったせいかあっという間に形が変わってしまいました


雨と早咲きサクラ

天気や気温、時期を示すものはありませんが、撮影したのは2月最後の三連休
雨と早咲きサクラ02 雨と早咲きサクラ01
関東地方は中日(なかび)以外は時折雪も混じる冷たい雨、そんな真冬の気温の中でみかけた
雨と早咲きサクラ03
上野公園の早咲きのサクラ、高所に咲いていたので遠景ですが暖かい春はそろそろ

温室のレモンの木

熱帯の植物が育てられた植物園の温室でみかけたレモンの木
温室のレモンの木02
見慣れた・・ちょっと丸く大きめなレモンの実の周囲に南国の花が咲いていて妙な風景
温室のレモンの木03 温室のレモンの木04
緑の葉っぱと黄色の果実が目につきますがよくみると白い花が咲いているのを確認
温室のレモンの木01
地域、日本でも露地栽培でも見ることができる植物ですがこういう場所でみるとまた違ったり


もっさり垂れ下がる緑の多肉植物

冬場でも南国の植物が育てられている温室でみかけたもっさり垂れ下がった多肉植物
緑の多肉植物01
一見みると「何これ?」と植物であるかすら疑ってしまう様相ですけど、名札をみると「セドゥム・モルガニアナム(セダム・モルガニアナム)」というベンケイソウ、セダムの仲間
緑の多肉植物02 緑の多肉植物03
園芸種では「玉つづり」というそうで、この名前だけで検索すると小さな鉢に収まるくらいのかわいらしい姿が出てきます、花も咲くそうですが見てみたいものです


温室のアンスリウム

温室でみかけた熱帯植物の代表格のような草花アンスリウム
温室のアンスリウム01
作り物のような、真っ赤な光沢のある花のようにみえる仏炎苞(ぶつえんほう)
温室のアンスリウム04
そこに雄しべや雌しべのように突き出ているのが本当の花のあつまる花序
温室のアンスリウム02 温室のアンスリウム03
ありきたりと思って撮影したことはありませんでしたけど熱帯雨林を模したような場所に育てられていると興味深い光景かなと、それにしても後ろの葉っぱが巨大な



ネコのシッポみたく

温室でみかけた木の枝にプランと垂れ下がる赤い花房をした「ベニヒモノキ
ネコのシッポみたく01
2月22日は「ネコの日」ということでネコのシッポのみたいとこじつけてみたり
ネコのシッポみたく02 ネコのシッポみたく03
日の当たり具合なのか?枯れかけなのか薄茶色のものあったりとおもしろく


温室のアブチロン

新宿御苑の温室でみかけたアブチロンの
温室のアブチロン01
品種がさまざまある植物の様でこの日みかけたのはびらが赤い種類
温室のアブチロン05
まるでキノコのカサ、帽子、パラシュートのようなふわっとした下向きに咲いた
温室のアブチロン04温室のアブチロン03
クラゲのようなフワフワとした生き物のようにも見えなくなありませんが
温室のアブチロン02
下から見たらどんなになるだろうと試行錯誤したのですが影になってしまい、うまくは撮影できませんでしたけど肉眼でみて楽しむのが面白いかな


冬枯れのユッカラン

新宿御苑のプラタナス並木ちかくの花壇
冬枯れのユッカラン01
冬枯れしたリュウゼツランの仲間、ユッカラン(詳しい種類もありますが)の姿
冬枯れのユッカラン02 冬枯れのユッカラン03
澄み切った青空のもと朽ちてた白色の鐘形の花の光景はなんだか不思議な世界


真冬のプラタナス並木

2月中旬の新宿御苑、園内の名所のひとつプラタナス(モミジバスズカケノキ)並木
真冬のプラタナス並木01
夏には青々と秋には紅葉を見せますがこの時期は葉っぱも実もなにもない冬枯れ
真冬のプラタナス並木02 真冬のプラタナス並木03
何度も訪れている場所なので過去にも撮影したと思っていたのですが初めてかも
真冬のプラタナス並木04
まるでそびえたつ無機物の巨塔のようですが季節が進むと生命力あふれる姿になるのは


冬の梢の野鳥

冬枯れした花も葉っぱなにもない樹木、そんな木の枝に一羽の野鳥を確認
梢の野鳥01
見かけた時は後ろ姿、しばらくすると横向きなってくれましたがズームしても
梢の野鳥02
顔だけそっぽを向いています。ハトではなさそうだしてっきり時期的にツグミかと思いましたが模様も違うしシロハラかな?とりあえず出会いに感謝


花壇の地面のフクジュソウ

スイセンなどの咲いていた初春の公園の花壇、地面に黄色いモノを発見
花壇のじめんの福寿草01
柵があり奥のほうまで入っていくとはできなかったのでズームしての撮影
花壇のじめんの福寿草02 花壇のじめんの福寿草03
タンポポ?花びらのかたちからフクジュソウ(福寿草)でしょうかね
花壇のじめんの福寿草04
知っている人は知っているのでしょうけど気が付かない人もいるのでしょうね


真ん中赤紫色なロウバイ

春の訪れを感じさせる花のひとつロウバイの花、蝋細工のようにつややかな花びら
ロウバイ真ん中赤紫色01 ロウバイ真ん中赤紫色02 
仲間のソシンロウバイとともに毎年みかけては撮影してましたけど、いまさらながら
ロウバイ真ん中赤紫色03
違いを確認してみたら花びらの真ん中が赤紫色なのがロウバイ、花びら全体が黄色いのがソシンロウバイ。ということはこの日ミカケタのはロウバイ(蝋梅)ということかな


冬場のモクレン2024

冬の青空に葉っぱもない枝を多く広げて育った見上げるほどの大きな樹木
冬場のモクレン01
枝先をみるとモコモコとした外皮に覆われたツボミがたくさん
冬場のモクレン02 冬場のモクレン03
モクレンの仲間、ハクモクレンかな?見る人がみれば詳しくわかるのでしょうけど
冬場のモクレン04
この状態だと自分にはわかりかねます、もうすこし暖かくなったらわかりそう


日なたのぷっくりツグミ

日なたの公園の空き地に一羽の野鳥
日なたのぷっくり野鳥01
冬場日本にやってくるツグミです。冬の時期には何度も撮影しているトリですが
日なたのぷっくりツグミ02 日なたのぷっくりツグミ03

見かけるとやっぱりカメラを向けたくなります。この日みかけたこちらのコは
日なたのぷっくり野鳥04
いささか体系がぷっくりしている印象(個人的な目線です)エサをたくさん食べていたのか
日なたのぷっくり野鳥05
おや?撮影しているコチラに気が付いたのでしょうか?じっとこっちを向いてきた


真冬に咲くサクラ

日時を示すものはありませんが、2月上旬に見かけたサクラの花
真冬にさくサクラ01 真冬にさくサクラ02
寒さ厳しい時期ですが満開の薄いピンク色の一重の花びらをさかせた品種
真冬にさくサクラ03
たしか以前おとずれたときはジュウガツザクラがあった公園でしたけど2月にジュウガツザクラなのか?フユザクラの一種と


上野の春節祭2024

中国の旧正月、春節にあわせ台東区、上野恩賜公園で行われていた「春節祭
上野の春節祭01 上野の春節祭02
2/9(金)~2/12(月)まで開催されており、自分が訪れた日曜日のお昼頃も多くの来場客の姿
上野の春節祭03
会場では普段あまり馴染みのない中華系の料理や食品などの屋台がたちならび
上野の春節祭04
飛び交う言葉も中国語が多くて(行ったことはないですが)中国ようでした
上野の春節祭05 上野の春節祭06
日本らしい食べ物を売っているお店もありますが、珍しいメニューは挑戦したくなります
240212_008m.jpg 上野の春節祭07
正式名称「ウエノデ.パンダ春節祭」ということで2023年に中国返還された上野動物園で生まれたパンダ「シャンシャン」の写真展などもあり、こちらは行列まちができていたり
上野の春節祭09
またエリア奥の舞台ではアーティストのパフォーマンスなども行われていてお祭りムード

ウエノデ.パンダ春節祭2024 - Panda Expo
https://panda-expo.com/

片隅の残り雪

都内に数センチのの降った日から数日後
片隅の残雪01
公園近くを歩いていると白い塊、残りを発見、日陰で気温も低いのでまだ残っていた模様
片隅の残雪03 片隅の残雪02
一見、ネコかイヌなど生き物がうずくまっているのか思うほどぽつねんとした姿


早春のスイセンたち

冬の寒さ厳しい2月初旬の都内の公園
早春のスイセンたち01
スイセンたちが甘い香りを漂わせて咲いていました
早春のスイセンたち02 早春のスイセンたち03
こちらの花壇、花畑にはニホンスイセンスノーホワイトの品種(種類間違っていらスミマセン
早春のスイセンたち04
周囲が冬枯れの荒涼とした風景のなか元気に咲いている姿は温かみがあります


冬の針葉樹の林

真冬でも葉っぱが落ちない針葉樹の林
冬の針葉樹の林03
緑の葉っぱが季節感がいささかないですが見上げていると生命力を感じます
冬の針葉樹の林01 冬の針葉樹の林02
いちおう葉っぱがなくなった樹木もあるのでいちおう冬の証明になるかな


落ち葉の中のツグミ

公園の木々の生い茂る一角、ガサガサと音がしたので周囲を見回してみると
落ち葉の中のツグミ01 落ち葉の中のツグミ02
落ち葉の降り積もった地面を何かがいる気配がします、野鳥のハト?ネコ
落ち葉の中のツグミ03
よくみてみると一羽のツグミがいます。エサでもさがしていたのでしょうか
落ち葉の中のツグミ04
ちょっと目をはなすと枯れ葉の中に同化してしまい体の模様が保護色のよう


都心の雪解け

ひさびさに積雪した都内、集められた雪のかたまりが微妙なバランスの姿に
雪解け01 雪解け02
都心は気温が低いとはいえ陽光に照らせているポタポタと解けており
雪解け03
したたり落ちる水滴をねらったのですがタイミングがあわず、静かな雪解けの様を


雪の日の翌日

都内にひさびさの積雪、雪国の人には笑われてしまうくらいですが都心で数センチは大雪
雪の日の翌朝02
そんな翌朝みかけたのは一面まっしろになった廊下。このまま残しておきたいですが
雪の日の翌朝01
そのうち人々が歩いてこの光景も消えるのでしょうね、またこんな小さな雪だるま

タンポポ、春の足音

この記事にはムシ、昆虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください

「立」を過ぎ暦の上ではを迎えた2月初旬
タンポポ春の足音01
公園の花壇に黄色いタンポポが咲いているのを確認、しかも花びらには小さなムシ
タンポポ春の足音02 タンポポ春の足音03
たまにタンポポは真冬でも咲いている姿をみることもありますがちょっとらしく感じたり

リニューアルした明治公園

国立競技場や明治神宮外苑隣接した都立明治公園が2024年1月31日にリニューアルオープン
リニューアルした明治公園01
改装最初の週末に足を運ぶと多くの家族連れが集まり楽しそうな光景(なので遠景写真
リニューアルした明治公園02
以前は正直、目につくような目立つようなものない凡庸とした公園だったかのですが
リニューアルした明治公園03 リニューアルした明治公園04
人気カフェや温泉施設など商業施設ができてすっかりオシャレな空間に
リニューアルした明治公園05
なお、この日は国立競技場ではスポーツ競技、イベントは行われておらず静かでした


積もる落ち葉たち

木陰にしっかり積もった大きめの落ち葉たち
積もる落ち葉たち01
プラタナスの葉っぱでしょうか?その間に薄黄色くなったイチョウの葉がアクセント
積もる落ち葉たち02 積もる落ち葉たち03
暖かくなったと思ったらまた冬に逆戻りの2月初旬、こういう風景見るとまだ春は遠いですね


ハトたまる場所

真冬の寒さ厳しい公園の芝生の陽だまり
ハトたまるb所01
都内ならどこにでもいる野鳥ハトたちが集まっています
ハトたまるb所02
ニンゲンにはどこも同じような芝生、地面がでている場所には集まっておらず
ハトたまるb所03 ハトたまるb所04
この一角だけ妙に集まっている光景がなんだか興味深く感じ撮影
ハトたまるb所05
皆一様に地面をついばんでいるのでエサになるようなものがあるのでしょうかね





サザンカの花も

2月になりまだまだ寒いですが、徐々に暖かい日も感じる日もある初春の時期
サザンカの花も01
冬場さいていた生け垣の真っ白な花びらをしたサザンカの花も
サザンカの花も02 サザンカの花も03
しおれかけた花もみかけるようになり、ぼちぼち終わりかな。季節は進んでいるんですね