fc2ブログ

なんだこのマメ?【花蘇芳】

7月初旬の向島百花園を散策中、フト目の前を見上げると
なにやら自分の背丈よりも大きな木にたくさんの・・・
すずなり
マメ?!!?
・・と、鈴なりになったを生らした樹木がありました
豆 マメ
マメというと枝やエンドウマメ、もしくはフジのように
房はあくまでもひとつひとつ離れているイメージがありましたが、
こちらの植物はこんなに大量に折り重なるように房ができています。
マメ
なんと、こんな植物が百花園にあったのか・・
と驚きながら、枝からぶら下がっている
名札をみてみると・・・オヤ?


春先に赤紫色の花をつけていたハナズオウ花蘇芳)と書かれています


ちょうど今年、春に撮影してブログに掲載しきれなかった写真があったので見てみると
ハナズオウ
たしかに同じ場所で、枝の別れ具合からしてたぶん同じ木。
はなずおう 花
春の頃はこんなにたくさんの小さくて可憐な花をつけていたのに・・
花蘇芳の花
それが育って、花が終わり実がついてほぼ2ヶ月。
花蘇芳の実
夏には、こんな風に成長するなんて・・・はじめてしりました

ちゃんと調べてみるとハナズオウはジャケツイバラ科もしくは
マメ科ジャケツイバラ亜科に分類される植物だそうです。
やはり、花の分だけ実がついたのでしょうかね。
春の花が印象に強いだけに、この光景はちょっとビックリです

とりあえず、マメなので食べれるのかな?とワンパターンな想像を



墨田区 向島百花園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント