fc2ブログ

松の根元にキノコ

庭園芝生に植えられた松の木。秋が深まれるにてまわりの木々が黄色や赤く色づいたり
落ちて葉っぱがなくなる中、青々した松葉をはやしている姿は目をひきます
松の根元のキノコ01
そんな松の木、根本をみると白いものを発見。以前見かけたような風船状をした
菌類の仲間とは異なり、傘がついて柄のついた、絵にかいたようなキノコ
松の根元のキノコ03 松の根元のキノコ04
「えっと松の木の根元に生えているキノコ」なので「マツタケ」・・・ではないですね
マツタケはアカマツの木にはえるですし、菌類の仲間は品種が多いので
名前まではわかりませんけど(わかる方にはわかるのでしょうけど)
松の根元のキノコ02
それにしても周りにはコケなどしかないのに、根っこのあたりから
忽然と生えている様子はよく考えてみると不思議な光景かも

関連記事

コメント

不思議ですね。
ishigeさん、こんばんわ

変わった形をしてますが、でも綺麗な形のキノコですねぇ~
大抵は、しおれていたり、欠けていたりするので、ここまで綺麗な形のキノコは
ナカナカお目にかかれない気がします。

しかし今の時期は色々なキノコを見かけますが
キノコも観察してみると面白いですよねぇ~∩(´∀`)
Re: 不思議ですね。
オニオン/さんコメントありがとうございます
> 変わった形をしてますが、でも綺麗な形のキノコですねぇ~
 庭園なのできれいに芝生や松の木も手入れされていますが
 キノコもちゃんと摘まれずに残してくれているみたいです
> しかし今の時期は色々なキノコを見かけますが
> キノコも観察してみると面白いですよねぇ~∩(´∀`)
 カメラを向けてみるとそこかしこに生えているのですけど、
 これまで気にも留めていなかったことに気づきます(^-^

コメントの投稿

非公開コメント