fc2ブログ

鳴門の渦潮【小】

今回、四国旅行は高知や徳島阿波おどりを見ましたが、本来の目的のひとつは鳴門の渦潮。
鳴門駅から路線バスで約20分。バスの乗客、大半の人が渦潮を見物しようとしているので
他の人やバス乗務員の話などを聞くとどこの停留所が一番近いか情報を得ることができました
鳴門の渦潮01 鳴門の渦潮02
徐々に近づく鳴門大橋。バス停から徒歩数分で「観潮船」乗り場に到着、いざ鳴門海峡へ
鳴門の渦潮18
うずしお観潮船は2種類あり、自分が乗ったのは予約不要の船で
鳴門の渦潮03 鳴門の渦潮07
船内座席から窓越しに海原をみることもデッキからでも見ることができます。
でもデッキの方が人気があって、自分が並んで乗船したときには満杯(なので船内から)
鳴門の渦潮05 鳴門の渦潮06
船に揺られること数分で潮流の交わる場所に到達、辺りの波が左右からぶち当たっています
鳴門の渦潮15
ここでタイトルに【小】と書いたのは、渦潮は自然現象なので時間によって大きさが変わること
鳴門の渦潮13
なるとのうずしお」と聞いてイメージするのは洗濯機のようにぐるぐる回る渦巻きですが、
あれは最大級のもので、最大20メートルとなっても常時あの状態ではないとのこと
鳴門の渦潮09 鳴門の渦潮10
なので自分が見物をしたときに見つけた渦潮で最大級はこれくらい
鳴門の渦潮14
そのほかは肉眼で確認できる小さい渦潮がいくつも生まれては消えて消えては生まれる光景。
大半が刹那な瞬間なので、見つけてカメラを構えるとあっという間に消えたりしていました
鳴門の渦潮16
いささかイメージしていたのと違う。と思ってしまうかもしれませんが、実際現場でみていると
興奮してきます(大きいのを狙いたい人は公式サイトで確認できます)
鳴門の渦潮04  鳴門の渦潮08
不思議なことに、渦がいくつもあるエリアを超えるとまるで波の無いのっぺりとした場所が出現
鳴門の渦潮17
海の真ん中なのに遠方に逆巻く波とうずしおが見えているのは非常に妙な感じです
鳴門の渦潮11 鳴門の渦潮12
ちなみにこの日は天候が不安定だったので、乗船中に雨がぱらついていました
でも所要時間約30分の航路を終えて戻ってくるといつのまにか雨も止んでいました
このあとまた大雨が降っていたので良い時間に見物できていたのかも

うずしお観潮船
http://www.uzusio.com/

関連記事

コメント

渦潮でしやかぁ!
ishigeさん、こんばんわ

鳴門の渦潮がお目当てでしたかぁ(^o^)
実は、鳴門の渦潮も一度も見た事がないんですよぉ。

僕は見たいと思うんですが
どうも時期的には春頃だったか?が一番渦が大きくて見頃だと親戚に言われて、結局は見に行った事がないです。

地元の人は、いつでも良い時期に見に行けるからそんな事を言いますが、遠い他県から来る人は、大小関係なく見てみたいですよねf(^_^)

結局は自分が良かったと思えれば
それで良いのだと思います。

今回の記事を拝見して、僕も徳島県へ帰った時に見に行きたくなりました!

たまには海もいぃ~かも(^-^)/
Re: 渦潮でしやかぁ!
オニオン/さんコメントありがとうございます
> 鳴門の渦潮がお目当てでしたかぁ(^o^)
> 実は、鳴門の渦潮も一度も見た事がないんですよぉ。
 地元が徳島や淡路島のある兵庫の方でも
 意外と渦潮は見に行かなかったりするんでしょうね
> 地元の人は、いつでも良い時期に見に行けるからそんな事を言いますが、
> 遠い他県から来る人は、大小関係なく見てみたいですよねf(^_^)
 いやむしろ渦潮に大小があるってことを知らない。
 ってこともあったりするわけです(^-^
 自然のものなので仕方ないんですけどねぇ
 観潮船降りてからのみなさんの反応も様々です

コメントの投稿

非公開コメント