fc2ブログ

飯田の川本喜八郎人形美術館

3月中旬に訪れた長野県飯田、目的であった「飯田市美術博物館」は臨時休館だったので駅方面に
戻りつつパンフレットを確認すると市街地に「川本喜八郎人形美術館」という施設があるとのこと
川本喜八郎人形美術館01
知っている方は「川本喜八郎」の名前だけを聞けばわかるのでしょうけど、自分は名前を聞いて
当初どのような方なのかピンとこず人形美術館にもそれほど期待はしていなかったのですが・・
川本喜八郎人形美術館04 川本喜八郎人形美術館05
壁や入口の垂れ幕、看板に描かれた人形劇三国志」の人形の姿をみて気が付きました
川本喜八郎人形美術館02
80年代にNHKで放送されていた人形劇三国志」や「平家物語」での人形の作者、人形美術家の
川本喜八郎先生は長野県飯田市とは毎年行われた「人形劇カーニバル飯田」でのつながりから
ここ飯田に美術館が作られたとのこと。先生自身は東京千駄ヶ谷生まれの方なのですけどね
川本喜八郎人形美術館06 川本喜八郎人形美術館07
入り口は二階部分、金属製の筒状の入口はちょっと未来的?な不思議な扉。
内部は美術館なので撮影禁止なのですが、受付前のエントランス部分には美術館のシンボル、
人形劇三国志」の「諸葛孔明」の木目込み人形があり記念撮影などが可能です
川本喜八郎人形美術館03
館内ギャラリー部分には先生の作品がずらりと展示されてその精巧さ美麗さに題材の「三国志」や
平家物語」など物語の内容をしらなくてもその優美さにうっとりしてしまうことでしょう
ちなみに美術館の電話番号は先生の代表作にあやかり”さんごくし”だそうです

飯田市川本喜八郎 人形美術館
http://www.kawamoto-iida.com/

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント