fc2ブログ

茅葺屋根と田んぼ

島根県の世界遺産、石見銀山を観光中にみかけた風景。撮影したのは10月上旬
茅葺屋根と田んぼ01
自分が訪れた時は、刈り取った稲を乾かすために稲架(はさ)(←田舎にいた頃も
見ていたのですがこういう名前なんですね)に干した稲掛けの光景を目にしました
茅葺屋根と田んぼ02 茅葺屋根と田んぼ03
奥の方には茅葺屋根の家屋。田舎で育った自分はもちろん都会生まれの都会育ちの
観光客の人でも思わず、(たぶん)「懐かしい」と感じてしまうだろう日本の原風景
茅葺屋根と田んぼ05
別の場所にいってみるとまだ刈り取られていない田んぼ(おそらく実っていたのでこのあと
刈り取られたんでしょうけど)周りをおおう木森は昔ながらの牧歌的な日本の農村
茅葺屋根と田んぼ04
そんな水田のあぜ道を山側に歩いてみたら庵が一軒。銀山が栄えたころに建てられていた
寺院を復元したようなものですけど、まるで昔話の世界にでも入り込んだようでした


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント